バリカンで足の裏の毛をカット。可愛いに肉球と安全を確保しよう。

バリカンで足の裏の毛をカット(肉球) 共有

今日は「にくきゅう」のお手入れをするぞぉ!おぉー!
お家で走り回っているときに、足が空回りしてワチャワチャし始めたら危険信号です!!

今こんな感じです。。。
カット前の足の裏の毛

「にくきゅう」が見えなくなってきた!
「にくきゅう」はうちの看板なのに( TДT)ゴメンヨー

違いますね!ワンちゃんの安全のためにカットが必要なのです。

足の裏の毛はカットしよう

大切なワンちゃんが安全に自由に走り回れるように、足の裏の毛は定期的にカットしてあげましょう。
カットは美容院でも自宅でも割と簡単にできるお手入れの一つかと思います。

仮に美容院でお願いするとしたら、管理人の町の相場は「足回り・足の裏のカット」で、800円位からになります。毎月お願いするのもバカになりません。なんせ足のカットだけならいいですが、シャンプーコースやカットコース、その他お手入れなどで美容院でお願いすることもあります。

うちの子はミニチュアダックスなのでシャンプーと簡単なカット、爪切り、足の裏、肛門腺がセットのシャンプーコースをたまにと、苦手な爪切りを定期的にお願いしています。カットコースの方はさらに大変なのかと思います。

お金に余裕があれば美容院に連れていけるのですが。。そうもいきません。

なので管理人はこれを使っています。
ペットを飼っている人は結構持っているのかとは思います。使い慣れるととても簡単で便利ですよね。

足の裏のカットにお勧めな商品

『ホームバーバーコードレス ミニ』ホームバーバー コードレス ミニ
本当にこれはお気に入りです。買って正解でした。

管理人は六花(ワンちゃん)の病院と隣接しているホームセンターで購入したので約3千円ほどしましたが、Amazonや楽天ならとても安く購入できていました(´;ω;`)

是非お勧めしたい一品です。この商品じゃなくてもよいと思います。この価格のものでも十分だとお伝えしたいです。

管理人の場合は、4回ほどで元が取れましたww
そして、カット後はこんな感じになりました。
カット後の前足の裏の毛
カット後の後ろ足の毛
すみません、少しわかりずらいですねww

管理人は完全に部分カット用として使っています。足の裏とお尻専用として使っているので、切れ味に不満はありません。
油もささないといけないようですが、1年以上使っていて1回くらいしか刺したことがないです。
お手入れとして油をさすので、次に使うときには基本乾いているので毛が絡んだこともありません。

もし、全身カット用と言う場合はもう少し大きい刃のサイズの方がよいのかもしれません。

『ホームバーバーコードレス ミニ』口コミ

以下はAmazonにあった口コミの一部を箇条書きにまとめたものになります。

・人間用のカミソリと違って振動が少ないので大人しくなった。

・油をさしたりとお手入れが大変だが、愛用している。

・購入当時からカラカラと本体の中で音がするが、返品しないで使っているが問題なく動作している。

・プードルの足裏とおしり用に購入、軽くて刃の幅も大きすぎずちょうど良いサイズ。

・刃が水洗いできるし、握りやすい形をしている。

・お値段が半分くらいで良かった。

・電池式だけど動力に不安なし。

・サイズはかなり小さめで気になる部分をカットするための商品で、全身をカットするものではない。

・作りはしっかりしている。

・切れ味は悪くないが、アタッチメントを外した状態で使うと皮膚が切れるので要注意。

・小さくて小回りがきく。

・長さの調節もらく。

・素人でも上手く出来る。

・お値段以上の大満足な商品。

・油をささないと動かない、油をさすと毛が入り込んでしまって動かなくなる。

他にもいろいろな感想がありましたので、よければ実際に以下のリンクより確認してみてください。

カットのタイミング

室内で飼っているワンちゃんは肉球の間の毛が伸びやすいと言われています。
肉球に毛がかぶり始めたらカットの時期ですね。
出来るだけ早めにカットしたいところです。

カットのコツ

アタッチメント付きのバリカンなので安全にカットできますが、ワンちゃんを押さえる際は、力負けしないようにしっかり押さえましょう。
ちなみに肉球の周りのカットではアタッチメントを外してカットしています。
不安かと思われますが、暴れているタイミングで無理やり押し付けるようなことをしなければ、問題なく
カットできます。
長い間アタッチメント無しで肉球の周りの毛をカットしていますが、けがをさせたことはありません。ただ、無理やり押し付けてカットするのは危険なのでやめましょう

ワンちゃんが嫌がって抵抗しても、可愛そうだと放さないでください。お互いぐっと我慢です。「この人は放してくれるんだ」と、甘く見られてしまいます。今後、悪い癖として残ってしまいます。
ワンちゃんにこの人には甘えが通じないなっと思われるようにしっかり押さえましょう。
慣れるまでは少し大変かもしれませんが、徐々に慣れると思います。

あとはお好みの長さにカットします。肉球の間の毛は肉球をしっかりと開いて刈りましょう。

もし2人でできるのであれば押さえる役とカット役でさらに簡単にできます。

ここからはもう少し足の裏のカットの大切さをお伝えしたいと思います。

犬の肉球の役割

犬の肉球には5つの役割があるります。

『犬の肉球の5つの役割』
1.足を保護する。
2.外の温度から守る。
3.衝撃吸収する。
4.ブレーキの役割になる。
5.体温調節をする。

この5つの機能の内、次の3つの機能は毛が伸びることによって運動機能を低下する機能になります。(その他の機能も毛が伸びることによって害をおよぼしていますよ。)

その3つの機能を簡単に紹介したいと思います。

1.足を保護する

肉球には、犬の全体重がかかります。
その全体重を肉球が保護しています。
人間でいう、靴を履いているようなものです。
犬の骨格から考えると、犬は人間のようにかかとを付けて歩いていません。
かかとを常に上げて歩くことで、指=肉球に全体重がかかっていますので、犬の肉球はとても重要な役割を果たしています。
人間がかかとを上げて指先に全体重を掛けて歩いている状態です、その指先が犬で言う肉球になりとても重要な役割を果たしています。

3.衝撃吸収をする

肉球の内、爪が生えている4つの指球と真ん中に大きくある掌球は衝撃吸収を行っています。
犬が跳ねたりしたときの、足の関節や骨などの衝撃を緩和してしてくれているのがこの肉球です。
裸足でジャンプするよりも靴を履いてジャンプした方が、負担がかからない事を想像できるかと思います。

4.ブレーキの役割になる

普段あまり使われていない、お腹側にある手球根と呼ばれる肉球は、坂道や滑りやすい場所でのブレーキの役割を果たします。
急に止まらなくてはいけないときや、踏ん張らないといけない場面でこの肉球が無かったら思うように動くことができなくなります。
この肉球があることで、ブレーキが利くようになるので急な方向転換や坂道も安全に足ることができるのです。

肉球の毛の危険について

上記で説明した通り、これらの機能が低下することで大切なワンちゃんは怪我をするリスクが高くなるのが分かりますね。
滑りやすい靴で歩き、ジャンプして、走る。
そんな状態で目の前に急に車が飛び出してきて、それをよけようと踏ん張った結果、関節を痛めたり怪我をすることになることもあります。
フローリングで滑る姿が可愛いといった理由で、あえてカットしない飼い主さんもいるようです。
若いうちはまだいいかもしれませんが、滑ったときに関節を痛めて、慌ててお手入れをしようとしても、歳をとってからではしつけることが難しくなり、逆に痛い思いをさせるだけで、お手入れしてあげることができなくなる場合もあります。
歳をとってから拘束することを馴らすのはとても難しいです。
そうなると必ず後悔すると思います。
なので、若いうちに馴らしておくことをお勧めします。

まとめ

ワンちゃんにとって動きやすく、またブレーキの役割を低下させてしまわないように肉球の毛は切ってあげましょう。そうすることで少しでも長い間飼い主さんと楽しく過ごせる時間を作ってあげることができると思います。

肉球は可愛いだけでなく、本当に大切な機能がたくさん詰まってますね。

タイトルとURLをコピーしました