『パッドロッカー』臭わない袋を使ったトイレ処理の効果をお伝え

パッドロッカーと愛犬 共有

皆様はワンちゃんネコちゃんのウンコや使用後のペットシートの処理にお困りではありませんか?

家庭用のゴミ箱や、蓋つきのゴミ箱であっても不快な臭いは防げない。外にバケツを置いて処理をする場合、近所の目が気になったり、夏場の暑い時期の激臭や湿気によるカビ、不快な生物がわいていたりもします。。

管理人もこの不快な臭いに悩まされてきましたが、ある商品と出会ったことで解決できたので、同じ悩みを抱えている飼い主さんに共有をしたくて記事にまとめました。

その商品が、ワンちゃん用のトイレ処理ポット『パッドロッカーです。

パッドロッカーを買った経緯

ここは少し長くなるので読み飛ばしていただいても構いません。

管理人は今までワンちゃんのウンコをビニール袋に包み、家の外にバケツを置き、そこに貯めていました。

外にあるため我が家としては匂いもせず、普段から目につかない場所にバケツを置いていたこともあり、バケツ一杯になるまで放置しがちでした。その結果、湿気によるカビや不快な生物が湧いたりと嫌な思いをしていました。

いつの日か、近隣の方がそのバケツのそばを通るたびに不快感な思いをさせているのではないかと感じるようになり、家の中で管理するようになったのです。

初めはウンコをトイレに流し、ペットシートは蓋つきのゴミ箱があったのでそこに捨てていましたが、トイレの水を流す回数が増えたことで水道代が気になり、ウンコをビニール袋に包んで、紙袋に入れてゴミの日まで保管するようになりました。

それではさすがに匂いますよね。。

なので、消臭剤も一緒に置くようにしましたが、夏場はどうにもなりませんでした。。

どうにかならないものかと思っていたところ、最寄りのお店でパットロッカーと出会ったのです。

最初は大して匂を抑えることはできないだろうと思いスルーしましたが、気にはなっていたのでググりました。

そして大分悩んだ結果お値段もリーズナブルだったので購入してしまいました。

パッドロッカーってなあに?

パッドロッカーは、カナダ生まれのワンちゃん用のトイレバケツです。フタ付きのゴミ箱になっており、匂いと雑菌をしっかりと閉じ込める仕様になっています。

 

パッドロッカー本体に専用のカートリッジを取り付ける必要があり、本体の作りが、専用カートリッジに詰め込まれた特殊フィルムの効果を更に引き出しています。その特殊フィルムにはAIR-SEAL(TM)テクノロジーが採用されています。

 
 

AIR-SEAL(TM)テクノロジーってなあに?

パッドロッカーで開発された5層構造の特殊フィルムで、匂いと雑菌を遮断する技術になります。フィルムも触った感じ、若干厚手でになっています。この特殊フィルムが使われた、お散歩時などの外出先で使えるビニール袋としても販売されています。最後の方に紹介しますね。

AIR-SEAL(TM)テクノロジーとは

組み立て方、使い方は難しくないの?

組み立て方はとても簡単です。
ここで説明するより以下の公式サイトの動画を見ていただければ、組立から使い方、そしてゴミの処理方法までの流れのイメージがつかめるかと思います。また、実際に組み立ててみると臭わなくする仕組みがわかり、感動するかもしれません。管理人は「おーなるほど」と動画を見ながら言ってしまいました(笑い)

本当に匂わないの?

購入してから2年ほど使っていますが、普通に生活している分には不快な臭いはしませんし、夏場も気になることは無いです。そこは思った以上に感動しています。

ただ2点ほど匂うタイミングがあります。しかし、やりようで臭いを軽減することが可能です。

①ゴミをパッドロッカーに捨てるタイミングで臭う(夏場に限ります)

パッドロッカーのフタは外フタと内フタの2層構造になっており、内フタを下に押し開けるタイミングで少しだけ匂う場合があります

パッドロッカーの内ブタを開ける

 

ただ、このタイミングは素早く閉じることで臭いの不快感を軽減することができます。

そして夏の暑い時期以外はあまり臭いの漏れを感じたことはありません。

このタイミングは何処のメーカさんもそこまで変わらないのかなと思います。どうしてもゴミを捨てるタイミングでは隙間は開くはずですもんね。

②特殊フィルムをカットするタイミングで臭う

ゴミが溜まり捨てるタイミングで、専用のカッターを使って特殊フィルムをカットするタイミングで臭いが漏れます。

パッドロッカーのカッター


これも上手くやれば匂いを押さえることはできます。
管理人はカットする際に、先端を洗濯ばさみなどで摘まんでおき、極力の空気が外に出ないようにして押さえてカットしています。
これも匂いが気になる夏場だけやっています。

1つのカートリッジで何回使えるの?

カートリッジに内蔵されているフィルムの長さは約4.5メートルになります。管理人はウンコしか捨てないので2ヵ月位持ちます。ミニチュアダックスで1回が大きくはないですが1日に2〜3回捨てています。ペットシートも捨てるのであれば1ヵ月位と、他のサイトで書いてありました。

カートリッジの終わるサインとして黒いマークが出てきます。そこから1メートルほどでフィルムは終わりになります。

実際に使用した感想

結論としては、購入してよかったと思っています。

購入して2年が経過して、夏場も経験した感想ですが、普段の生活範囲に置いてありますが、見た目もシンプルで不快な匂いも感じません。

夏場に部屋を閉め切りで帰ってきても不快な臭いを感じたことはありません。「本当に匂わないの?」で話した通り、残念ながら臭うこともありますが、うまく付き合うことで臭いを軽減することも可能です。特に夏場にフィルムを専用カッターでカットする際に、上手く口が広がらないようにフィルムを縛ることができればほとんど不快な思いをしなくて済むと思います。

以下に箇条書きで良い点と悪い点を挙げておきます。

良いと感じたこと

1.普段の生活で不快な臭いはしない。(公式サイトの目安である1週間)
2.カートリッジの交換、ゴミ捨ても簡単。
3.シンプルなので部屋の印象を壊しにくい。
4.カートリッジはプラスチックなのでゴミ捨てがらく。
5.Amazonや楽天で購入するとお値段が大分お得。

良くないと感じたこと

1.夏の暑い時期に内側のフタを開けると少し臭うので素早く開閉する必要がある。
2.ゴミが溜まって捨てる際にカッターでカットすると臭いが漏れるので工夫が必要。

まとめ

ペットのウンチやペットシートの臭いに困っている飼い主さんであれば試してみる価値があると思います。ただ、残念ながら100%臭いを防げるわけではありません。使い方を工夫することで極力臭いを防ぐことは可能だと思います。普段の生活では不快な臭いからは解放されるのかと思います。

もし購入を考えているのであれば、Amazonまたは、楽天で購入した方が断然お安く購入できると思います。管理人の近くのお店と比較すると、本体は500円、カートリッジは400円ほど安く購入が出来ました。結構差がありますねww
また、管理人が確認した時はAmazonの場合、カートリッジの3個セットで送料無料でした。

以下はパッドロッカーの公式サイトになります。こちらから取扱店舗を確認できます。
[公式] パッドロッカー

パッドロッカー本体の仕様

カナダ生まれの犬用トイレバケツ
原産国:カナダ
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :23×450×43cm
本体重量:1.1kg
素材:プラスチック
付属品にカートリッジが1コ付きます。
容量はペットシートが約12枚ほど入ります。
ワンちゃん用とありますが、ウサギや猫にも使えます。

 
 

カートリッジの仕様

原産国:カナダ
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :18×450×18cm
本体重量:0.1kg
フィルムの長さは約4.5メートル

 
 

AIR-SEAL(TM)テクノロジーが採用されている他のグッズ

こちらもAIR-SEAL(TM)テクノロジーを使った商品になり、気になったので紹介させていただきます。

猫ちゃんに最適、リターロッカーⅡ

猫ちゃんにはパッドロッカーより、「リターロッカーⅡ」が最適になります。

AIR-SEAL(TM)テクノロジーと2層のフタに加えて、強力なハンドルの力で、袋をしっかり密閉してくれます。大きな違いは、強力なハンドルが追加されているところになります。そして猫ちゃん用と言うことで、付属にスコップが付いています。

詳しくは以下の公式サイトで確認できます。
[公式] リターロッカーⅡ

出先でのウンチ処理にハンディウンチ処理バッグ

お出かけ中にウンチをしてしまった場合、まだこれから長時間自動車で移動するのにと言った場合に、一般のビニール袋で処理をすると臭いが気になりますよね。そんな時にハンディーウンチ処理バックがあればAIR-SEAL(TM)テクノロジーが使われているので長時間の出先でも安心できますね。

パッドロッカーでも使われているこの特殊フィルムは、口を縛ることで臭いは漏れなかったので、お出かけの際に持ち歩くと便利だと思います。

詳しくは以下の公式サイトで確認できます。
[公式] ハンディウンチ処理バッグ

 

 

タイトルとURLをコピーしました