Git for windowsのインストール

GitHub Git

GitをWindowsで利用するための環境構築を行なって行きます。

ここでは、Windows用のGitクライアントソフトである「Git for Windows」のインストールとインストールが正常に行えているかの確認をして行きましょう。

Gitとは

Gitとは、ソースコードやドキュメントなどの変更履歴を記録し追跡するための分散型バージョン管理システムのことです。

分散型と言われるだけあって、ユーザは全ての履歴を含んだリポジトリをローカルのワーキングディレクトリに複製できるので、ネットワークにアクセスできない状況でも、履歴の確認や変更、記録といった作業を行うことが出来ます。

Gitの分散型バージョン管理システムという仕組みを利用してGitHubなどのホスティングサービスでソースコード等の保存・公開といったサービスを利用することができます

GitHubのアカウント作成、Gitの使い方は別の記事で紹介します。

Windows上でGitHubにSSH接続してGitを利用する準備
Windows上でGitを使ったソースコードやドキュメントなどのバージョン管理をGitHubで行うための準備をして行きましょう。

 

Git for Windowsのインストール

WindowsでGitを利用するための「Git for Windows」のインストール手順を記載します。

 

1. インストーラをダウンロードします。

以下のサイトにアクセスして、「Download」をクリックします。

https://gitforwindows.org/

Install of Git for Windows -01

 

2. ダウンロードしたインストーラを実行します。

ライセンスの内容を一読して、同意する場合は「Next」をクリックします。

Install of Git for Windows -02

 

3. インストール先のフォルダを選択して「Next」をクリックします。

Install of Git for Windows -03

 

4. コンポーネントのインストールを指定します。

デフォルトのまま「Next」をクリックします。

コンポーネントについては以下の内容になりますので、必要な場合は変更してください。

Additioncal icons
  -on the desktop
デスクトップにショートカットを追加
Windows Explorer integration
  -Git Bash Here
「Git Bash Here」をエクスプローラの右クリック時で表示
Windows Explorer integration 
  -Git GUI Here
「Git GUI Here」をエクスプローラの右クリック時で表示
GitLFS (Large File Support) ラージファイルサポートの有無
Associate .git* configuration files with the default text editor git拡張子のファイルをテキストエディタに関連付ける
Associate .sh files to be run with Bash sh拡張子のファイルをBashで実行するように関連付ける
Use a TrueType font in all console windows 全てのコンソールウインドウにTrueTypeフォントを使用する。(使われていないようです)
Check daily for Git Windows updates 毎日Git for Windowsのアップデートがあるか確認

Install of Git for Windows -04

 

5. スタートメニューにGitを追加するかを指定します。

デフォルトのまま「Next」をクリックします。

作成しない場合は「Don't create a Start Menu folder」にチェックを入れてください。

Install of Git for Windows -05

 

6. コミットなどの編集に使用するエディタを指定します。

デフォルトのまま「Next」をクリックします。

Use the Nano editor by default Nanoエディタをデフォルで使用する
Use Vim(the ubiquitous text editor) as Git’s default editor Vimをデフォルで使用する
Use Notepad++ as Git’s default editor Notepad++をデフォルで使用する。(有効にするには、Notepad++がインストール済みである必要があります。)
Use Visual Studio Code as Git’s default editor Visual Studio Codeのエディタをデフォルトで使用する。(有効にするには、Visual Studio Codeがインストール済みである必要があります。)
Use Visual Studio Code Insiders as Git’s default editor Visual Studio Codeのエディタをデフォルトで使用する。(有効にするには、Visual Studio Codeがインストール済みである必要があります。)
Use Sublime Text as Git's default editor Sublime Textをデフォルトで使用する。(有効にするには、Sublime Textがインストール済みである必要があります。)
Use Atom as Git's default editor Atomをデフォルトで使用する。(有効にするには、Atomtがインストール済みである必要があります。)
Select other editor as Git's default editor 上記以外のエディタを使用したい場合に選択します。このオプションを選択すると以下の画面が表示されるので、選択したいエディタへのパスを入力するテキストボックスが出るので入力するか、Browseボタンでダイアログを出してパスを指定します。

Install of Git for Windows -06

「Select other editor as Git's default editor」を指定した場合は、「Brows..」からエディタの場所を指定します。

Install of Git for Windows -07

 

7. Windowsの環境変数PATHに何を追加するかを指定します。

デフォルトのまま「Next」をクリックします。

Use Git Bash only 環境変数PATHを修正せず、GitBashでのみGitコマンドが使える。
Git from the command line and also from 3rd-party software GitBash に加えて、コマンドプロンプトからもGitコマンドが使えるようになります。(環境変数PATHにC:\Program Files\Git\cmdを追加します。そのほかのユーティリティ(ls, less等)への直接のpathは設定されません。)
Use Git and optional Unix tools from the Windows Command Prompt コマンドプロンプトにGitコマンドとUnixコマンドを追加します。選択した場合、既存のコマンドが上書きされて、Unixコマンドの振る舞に書き換わるので注意して下さい。(環境変数pathにC:\Program Files\Git\cmdとC:\Program Files\Git\mingw64\bin, C:\Program Files\Git\usr\binの三つを追加します。この三つが追加されることで、gitだけでなく、他のUnix由来のツール、lsやlessなどをコマンドプロンプトから使用できるようになります。)

Install of Git for Windows -08

 

8. gitでHTTPSを使ってpush/pull/fetchするときにOpenSSLが持つルート証明書を使用するか、WindowsのSecure Channelのルート証明書を使用するかを決めます。今回GitHubに接続をしたいので、デフォルトの「Use the OpenSSL library」が選択された状態で、「Next」をクリックします。

Use the OpenSSL library OpenSSLが持つルート証明書を使用します。GitHubやBitBacket等に接続する場合など、通常はこちらを選択します。
Use the native Windows Secure Channel library WindowsのSecure Channelのルート証明書を使用します。会社などで独自の証明書を使用する場合はこちらを選択します。わからない場合は、管理者に確認しましょう。

Install of Git for Windows -09

 

9. 改行コードの変換方法を設定します。

一番下の「Checkout as-is, commit as-is」を選択して「Next」をクリックします。

Checkout Windows-style,commit Unix-style line endings チェックアウト時に改行コードをLFからCRLFに変換し、コミット時にCRLFからLFに戻します。
Checkout as-is, commit Unix-style line endings チェックアウト時は何もせず、コミット時にCRLFをLFに変換します。
Checkout as-is, commit as-is 何も変換しません。
※エディタ上で改行コードを変更することを強く推奨します。

Install of Git for Windows -10

 

10. Git Bashで使用するターミナルエミュレータを設定します。

デフォルトの「Use MinTTY」が選択された状態で「Next」をクリックします。

Use MinTTY MinTTYを使用します。特にこだわりがない場合はこちらを選択します。
Use Windows’s default console windows Windowsのコマンドプロンプトを使用します。他のソフトとの関係でコマンドプロンプトを使用したい。Windowsの標準コンソールが気に入っている方は、このオプションを選択します。

Install of Git for Windows -11

 

11. その他のオプションとして、3つともチェックを入れて「Next」をクリックします。

Enable file system caching ファイルシステムのキャッシュを有効にするかどうかの設定です。GitはもともとLinuxのファイルシステムを考慮してチューニングされているので、Windows環境の場合に、特定のコマンドのパフォーマンスが遅くなることがあります。この設定を有効にすることで、それらのレスポンスが早くなることが多くなります。
Enable Git Credential Manager Git Credential Manager for Windows(GCM)をインストールするかしないかのチェックです。GCMをインストールすることで、GitHub等にアクセスする際の二段階認証に対応し、その認証情報をWindowsの資格情報マネージャーに保存することが出来ます。また通常のhttpsアクセスの際の認証情報も同様に保存されるようになり、パスワードの入力や、二段階認証の手間が軽減できます。
Enable symbolic links シンボリックリンクを有効にできます。WindowsのシンボリックリンクはPOSIXのそれとの互換性が必ずしもあるわけではないので注意が必要ですが、たいていの場合は問題無く動作します。また、Windows 10 Fall Creators Update以降では開発者モードをONにすることでシンボリックリンクの操作に管理者権限が必要なくなったので利便性が向上しました。

Windows 10 Fall Creators Update」はWindows 10 Version 1709になるのでそれ以降であればチェックしてもよいでしょう。

バージョンは、スタート-設定-システム-バージョン情報-Winsowsの仕様からバージョンを確認。

Install of Git for Windows -12

Install of Git for Windows -13

 

12. ファイル比較用ツールの diff を利用するかを指定します。安定版ではないので、デフォルトままで「Install」をクリックします。

Install of Git for Windows -14

 

13. インストールが開始されます。

Install of Git for Windows -15

 

14. インストールが完了したので、「Finish」をクリックします。

Install of Git for Windows -16

インストールを完了すると、リリースノートが表示されます。

リリースノートはインストール先に保存されていますので後ほど確認できます。(ReleaseNotes.html)

Install of Git for Windows -17

 

Gitのインストールが成功しているかを確認

コマンドプロンプトを起動してコマンドラインから以下のコマンドを実行します。

Install of Git for Windows -18

バージョンが表示されればインストール成功になります。これでgitのコマンドをコマンドラインで利用できます。

 

タイトルとURLをコピーしました