GitHubにアカウントを登録する方法

GitHub Git

ソースコードやドキュメントなどのバージョン管理をGitHubで行う場合にアカウントの作成が必要になります。こではGitHubのアカウントの作成方法を解説します。

GitHubとは

GitHubは、Gitの仕組みを利用して、世界中のユーザがソースコードやドキュメントなどを保存、公開することができるホスティングサービスのひとつになります。GitHubは企業だけでは無く個人でも無料で利用することができます。

GitHubに作成したリポジトリは、公開・非公開のどちらも無料で利用できます。

 

GitHubへのSSH接続してGitを利用するのに必要な準備

Windows上でGitHubへSSH接続してGitを使うには、以下の準備が必要になります。

・Git for Windowsのインストール

GitHubのアカウント作成

・秘密鍵と公開鍵を作成してGitHubに公開鍵を公開

ここではGitHubのアカウント作成を解説しますが、残りの作業については以下の記事を参考に作業を進めてください。

Windows上でGitHubにSSH接続してGitを利用する準備
Windows上でGitを使ったソースコードやドキュメントなどのバージョン管理をGitHubで行うための準備をして行きましょう。

 

アカウントの登録

以下にアクセスしてアカウントを登録します。

https://github.com/

 

1. 最初に「Username」と「Email」を入力して、「Sign up for GitHub」をクリックします。

GitHubアカウント登録 -01

 

2. ロボットによるアクセスではないことを検証します。

「検証開始」をクリックして、簡単な検証を1件実施します。

GitHubアカウント登録 -02

 

3. 検証が完了したら「Next: Select a plan」をクリックします。

GitHubアカウント登録 -03

 

4. 「Choose Free」をクリックして、無料のプランを選択します。

GitHubアカウント登録 -04

 

無料のプランでもプライベートリポジトリ(非公開)を利用できます。また無料プランの場合には共同編集者人数や月間のアクション回数、ストレージなどに制限があるので確認しておきましょう。

GitHubアカウント登録 -05

 

5. 入力フォームが表示されますが、何も入力せずに「Complete setup」または「skip this step」をクリックします。

「Complete setup」をクリックするといつくか質問されるので、「skip this step」をクリックします。

GitHubアカウント登録 -06

GitHubアカウント登録 -07

以上で、アカウント作成が完了です。

 

6. 登録したメールアドレスにメールが送信されるので確認します。

GitHubアカウント登録 -08

 

7. メールを確認します。

メールから「Verify email address」をクリックして、サインアップします。

GitHubアカウント登録 -09

 

「Verify email address」をクリックすると、新しいリポジトリ作成の画面に移行します。

今回は作成せずに閉じます。

後ほど新しいリポジトリ作成の画面を開くには、右上の「+」から「New repository」をクリックで開くことが出来ます。

GitHubアカウント登録 -10

 

8. 右上のアイコンをクリックして「Your projects」をクリックして、プロジェクト画面に移動します。

GitHubアカウント登録 -11

 

アカウント作成時に指定した「username」のURLでアカウントが作成されていることが確認できます。

GitHubアカウント登録 -12

 

9. 最後にもう一度メールを確認します。

アカウント作成完了のメールが届きます。

GitHubアカウント登録 -13

これで、GitHubのアカウント作成は完了になります。

 

タイトルとURLをコピーしました