Python3をインストールして開発環境の準備(Windows10)

Python プログラミング Python

ここではPython3をダウンロードしてインストールを行い、実際にインストールできているかの確認をするまでの流れを記載します。
対象のPCの環境はWidnows 10 (64ビット) になります。

Pythonパッケージのダウンロード

Python3のパッケージを 公式サイト からダウンロードします。
[Downloads] - [Windows]を選択します。

Pythonダウンロード画面からWindows版選択

 

対象のPCは64ビットになるので、「Windows x86-64 executable installer」を選択してパッケージをダウンロードします。

Pythonダウンロード画面からパッケージ選択

 

Pythonパッケージのインストール

ダウンロードしたインストーラより以下のランチャーを開きます。
「Add Python 3.7 to PATH」のチェックは外したままにします。
・チェックを外すことでPythonランチャーのみ使うようになります。
・チェックをした場合は、pythonコマンドを直接呼べるようになります。
この説明は「インストール時に「Add Python 3.7 to PATH」をチェックしない理由」で解説します。
インストール先はデフォルトにする場合は「Install Now」を選択します。

Pythonインストール画面01

 

もしインストール先を変更したい場合は、「Customize installation」を選択して、「Next」、「Advanced Options」の「Customize install location」で任意のパスを指定して「Install」を選択します。
このとき、注意が1つあります
例としてCドライブの直下に保存しようとした場合は、C:\Python37 としないで、C:\Python\Python37 とします。
これは、今後別のバージョンのPythonをインストールした時にPythonフォルダ内で管理するためです。
必ずではないので必要に応じて変更してください。

Pythonインストール画面02

 

インストールが開始されます。(数分で完了するかと思います。)

Pythonインストール画面03

 

インストールが完了したら「Close」を選択します。

Pythonインストール画面04

 

Pythonパッケージのインストールが成功しているかを確認

Pythonのインタプリタが動作するかを確認します。(Pythonの実行システム)
コマンドプロンプトを起動して、「py」または「py.exe」と入力して実行すると、プライマリプロンプト(>>>)が表示され、対話モード(プログラムの入力待ち状態)になります。
ここで簡単なプログラムとして「print("Hello world!")」を入力して実行してみましょう
これはPythonの文法で Hello world! と出力するための命令文になります。

「Hello world!」と表示されることで、インストールが成功したことを確認できます。

Pythonがインストールされたか確認

 

「CTRL+Z」または、「exit()」と入力して終了してください。

 

インストール時に「Add Python 3.7 to PATH」をチェックしない理由

Pythonをインストールすることで、python.exeがインストールされます。
このpython.exeはバージョンごとにインストールすることができるので複数存在する場合があります。

クライアントがPythonで記述し、保存されたプログラムは拡張子が「.py」になります。

Windowsでは、そのプログラムをダブルクリックすることでプログラムが実行されるのですが、その「.py」と関連付けられているのは、python.exeではなく、py.exe(Pythonランチャー)になります。
このPythonランチャーが先ほどインストールしたpython.exeを呼び出して実行しています。

インストールしたPythonのバージョンが3.6と3.7のように複数ある場合、Pythonランチャーで実行することで常に最新のPythonを実行してくれます。

例えば、3.6と3.7の複数のバージョンのPythonがインストールされていた場合に、3.6がPATHで優先されていた場合でもPythonランチャーは最新のバージョンである3.7で実行してくれます。

Pythonバージョンの確認

これにより、pipを使ってライブラリをインストールする場合に、常にPythonの最新バージョンでのインストールになります。Pythonのバージョンを指定してプログラムの実行、インストールすることも可能です。
Pythonランチャーで実行することでバージョンの間違えを減らすことができます。
そのためにも、「Add Python 3.7 to PATH」にチェックを入れずに、PATHを登録しないようにすることをお勧めしています
PATHを登録しない為、直接pythonやpipを入力するとエラーになるので、pythonランチャーのpyコマンドを使って呼び出すようにしましょう。

Pythonランチャーでバージョンを管理
WindowsではPython 3.3からPythonをインストールすることで、Pythonランチャーなるものが一緒にインストールされます。 ここではPythonランチャーとは何か?Pythonランチャーを使うことで何ができるのかを解説し...

 

PythonをPATHに追加したい場合

Pythonパッケージのインストールで「Add Python 3.7 to PATH」にチェクをすることで自動的にPATHに登録されます。

Pythonインストール画面07

今回紹介したインストール手順ではチェックを外しているので、もし後でインストールしたPythonへのPATHを追加したい場合は環境変数からPATHを登録することができます。
以下にPATHの登録手順を記載します。

[コントロールパネル] - [システムとセキュリティ] - [システム] - [システムのの詳細] からシステムのプロパティを開き、[環境変数]を選択。
ユーザ環境変数にあるPathを選択して[編集]を選択します。
[新規]を選択してPythonをインストールしたフォルダとそのフォルダ内にあるScriptsフォルダの2つを登録します。その後PCを再起動して下さい。

環境変数からPATHにPythonを追加

これで、「Add Python 3.7 to PATH」にチェックを入れてインストールした場合と同じ状態になります。
複数のバージョンがインストールされている場合に優先順位を変えたい場合は、環境変数の「上へ」を使って対象のバージョンのPathをその他のバージョンより上に移動させてください。保存後、正しく優先順位が変わったかを「Python -V」で確認してみましょう。

 

ライブラリを管理するために必要なコマンドをいくつか紹介

ここでは簡単にいくつかのコマンドを紹介しておきます。Pythonを複数インストールした場合はにライブラリがどのバージョンにインストールされているかなどを確認できるレベルでの紹介になります。
他の便利なコマンドについては、別の記事で紹介できればと思います。

 

Pytnonのバージョンごとのインストール先を確認

Python 3.6 と Python 3.7 がインストールされていることが分かります。
*印はデフォルトになるバージョンを示しています。

インストールされているPythonのリスト表示

 

ライブラリのインストール

例としてwxPythonをインストールする場合になります。
ここではバージョン指定をしていないので最新のバージョンのPythonに対してインストールされます。

pipコマンドでライブラリをインストール

Pythonのバージョンを指定してインストールする場合は、「py」の後に対象のバージョンを指定します。

py -3.6 -m pip install wxPython

 

インストールされているライブラリの一覧を表示

①バージョンを指定していないので最新のバージョンでインストールされているライセンスを表示。

py -m pip list

②バージョン3.6を指定しているので古いバージョンのPython 3.6でインストールされたライブラリ一覧を表示。

py -3.6 -m pip list

③バージョン3.7を指定しているので最新のバージョンのPython 3.7でインストールされたライブラリ一覧を表示。(①と同じになります)

py -3.7 -m pip list

 

pipコマンドでインストールした一覧表示

 

ライブラリのアンインストール

ライブラリはPythonのバージョンごとにインストールされます。アンインストールも対象のバージョンを指定する必要があります。(最新のバージョンでデフォルトとなっている場合はバージョンの指定は不要です。)

py -3.7 -m pip uninstall wxPython

 

pipコマンドでアンインストールPythonのバージョンを指定してアンインストールする場合は、以下のように「py」の後ろにバージョンを指定します。

py -3.6 -m pip uninstall wxPython


上記を見てわかるように最新のバージョンでインストールしたライブラリは古いライブラリでは使うことができません、各Pythonのバージョンで必要なライブラリをインストールするようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました