『Python3入門』変数と代入

Python プログラミング Python

プログラムにとって値(リテラル)は最も基本的な要素になります。しかし、値だけではプログラムは作成できません。取得した値、演算結果を変数に代入して保存してプログラムを組むことになります。

変数と代入

変数は「値を保存する箱」です。値を変数に保存することを「代入といいます。

値を変数に代入することで、プログラムの中で値が扱いやすくなります。

 

変数の作成と代入

変数を作るときは以下のように実行します。

変数名 =

= 記号」が変数に値を代入するための演算子です。これは右辺の値を評価し、その結果を左辺の変数に代入しています。

Python 変数と代入 - 01

 

変数の利用

作成した変数は、値と同じように式に利用できます。

利用例を見てみましょう。インタラクティブシェルで、以下を1行ずつ実行していきます。

Python 変数と代入 - 012

上記の処理は、「100を変数aに代入、200を変数bに代入、変数aと変数bの値を足し算した結果を変数cに代入」する流れになります。

そしてこの変数a, b, cには値が代入されているので、再利用が可能になります。

変数を使わずに値だけでも演算した結果は得られますが変数に代入していないため再利用ができません

Python 変数と代入 - 03

 

変数と型

変数にはいろいろな値を代入できます。値は、それぞれ型があります。値を代入する変数にも型があります。int型の値を代入した変数はint型の変数として扱われます

Python 変数と代入 - 04


値と型の関係については以下の記事を参考にしてください。

『Python3入門』基本的な型の種類と値 | int, float, str, bool
Pythonに限らずプログラミングとは、端的にいうなら値を操作するためものになります。いろいろな値の取り出し、計算、書き換えといった処理を行なっていくのがプログラミングです。そして値には必ず型というものが結びついてきます。ここでは「組み込み...

変数は、値と同じように扱えます。変数を使った演算を行う際には変数の型を意識する必要があります。a + b という演算を行う場合に両方の変数がintであれば結果はint型になります。

 

代入と型

変数への代入は、最初に変数を作成したときだけでは無く、何度も行えます。

代入で注意することは変数にどの型の値が代入されているのかが目で見てわからないです。

以下に例をあげます。

変数numには数値の1が代入され、int型の変数となります。そのint型の変数を使って演算を行うことができます。その後に変数numに文字列を代入することができます。int型だった変数numは、str型の変数になってしまうのです。用途としては演算に利用する変数であった場合、str型の状態ではエラーになります。

代入をする際は用途に合った変数に代入するように注意をしましょう。もう使わない変数だからといって関係ない値を代入するのはバグの元になります使い回すのでは無く、用途に合った変数を用意することをお勧めします。

 

変数名について

変数にはプログラマが名前をつけていきます。変数名でどのような値が代入されているのかが想像できるような名前の付け方を心がけましょう。またPythonには変数名をつけるときの基本的なルールがあるのでここで紹介します。

・半角英数字とアンダースコアが名前に使える。
・最初の文字には数字は使えない。
・大文字と小文字は区別される。
・予約語は使えない。(False,  in, if など)
・定数は全て大文字とする。
・内部利用する変数はアンダースコアで始める。
「予約語は使えない」keywordモジュールをインポートして、keyword.kwlistで予約語のリストを確認できます。

Python 変数と代入 - 05

「定数は全て大文字とする」のはマナーであり、小文字も使うことはできます。定数は一度値を代入したら変更しない変数のことを言いますが、実際には変更できてしまいます誰が見ても定数だとわかるようにマナーを守って命名しましょう

内部利用する変数についてはオブジェクトの記事をで解説します。

 

値ではなく変数を使う理由

値では無く変数を出来るだけ使うことをお勧めします。その理由として以下の利点があるためです。

・変数は値と同じように利用できる。
・再利用できる。
・修正が容易になる。
・変数名に代入して利用することで何の値であるかがわかる。
 

まとめ

変数に値を代入して演算をすることで値に意味を持たせることがきます。

自分が後から見ても、別の開発者が見ても理解できるような変数名にすることが理想ですね。これによってコメントも減らすことがで、綺麗なコードに生まれ変わります。

 

タイトルとURLをコピーしました