Pythonとは?特徴と出来ること。学習方法。

Python プログラミング Python

只今、人気上昇中のプログラミング言語である「Python」ってどんな言語なの?Pythonを学んで何ができるの?勉強の方法が分からないと言った方に向けた記事になります。

Pythonとは

Pythonとはオープンソースのスクリプト言語で、逐次処理をしながら実行されるインタプリタ言語になります。

少ないコードでシンプルに記述ができ、人工知能(AI)やWebアプリケーションなど様々な領域で用いられている人気の高い言語であり、初学者でも比較的習得しやすい言語の一つでもあります。

Pythonプログラマーのことを「パイソニスタ」とも呼ばれます。

Pythonの特徴:
 1. 人工知能やWEBアプリケーションなどの様々な領域で使われている。
 2. 人工知能・機械学習、ディープラーニング領域のメイン言語として使われている。
 3. 多くのライブラリが用意されているため、開発効率がよい。
 4. 初学者でも扱いやすい言語。

 

スクリプト言語とは

プログラムの記述(ソースコードの公文や修正)や実行(プログラムの動作確認)を行うことが簡単に行えるプログラム言語の総称になります。何を基準にスクリプト言語とするかは曖昧ですが。。

代表的なスクリプト言語:
 Python, JavaScript, PHP, Ruby, Go など

 

インタプリタ言語とは

インタプリタは、ソースコードを機械語へ翻訳を行わず、インタプリタ自身が逐次解釈し実行するプログラミング言語の総称です。

Pythonの公式サイトからダウンロードし、インストールしたインタプリタはC言語で実装されており、CPythonと呼ばれています。CPython以外に、PyPy, Jython, IronPythonといったインタプリタも存在しますが、一般的に利用されているインタプリタはCPythonになります。

代表的なインタプリタ言語:
 Python, JavaScript, PHP, Ruby など
Python3をインストールして開発環境の準備(Windows10)
ここではPython3をダウンロードしてインストールを行い、実際にインストールできているかの確認をするまでの流れを記載します。 対象のPCの環境はWidnows 10 (64ビット) になります。

 

スクリプト言語とインタプリタ言語の違いは

スクリプト言語はプログラミング言語の仕様的な話になり、インタプリタ言語はプログラムの実行方法の話になります。

このスクリプト言語とインタプリタ言語は良く一緒の意味で使われていますその理由は、スクリプト言語の多くがインタプリタ言語であるためです。そのため、スクリプト言語=インタプリタ言語と説明されているサイトが多く存在しています。

実際には意味は異なることを覚えておきましょう。

また、スクリプト言語でありコンパイル言語となるプログラミング言語として、Go言語があります

「言語」が色々出てきて本当にややこしいですね・・・

 

コンパイラ言語とは

ソースコードを前もってコンパイラによりコンパイルし機械語に翻訳された実行ファイル(オブジェクトファイル)を生成しておき、実行時には翻訳が必要ないプログラミング言語の総称です。

代表的なコンパイラ言語:
 C, C++, Objective-C, Java, Go など

 

Pythonがシンプルで扱いやすい理由

Pythonがシンプルで扱いやすい理由の一つとして、「オフサイドルール(Off-side Rule)というものがあります。

関数やif文などブロックで字下げ(インデント)することをルールとすることで、読みやすいコードになります。

C言語などでも字下げを行いますが、ルールとしては徹底されていないため、字下げ忘れ、インデントのカラム数違いがあってもエラーとならないので、別の人が読んだ場合に読みづらくなる事がよくあります。

 

Pythonでできること

Pythonを使って以下のものを作る事ができます。実際には別のプログラミング言語で作成する方が適したものもあります。

Webアプリケーション
人工知能(機械学習、ディープラーニング)
デスクトップアプリケーション
組み込みアプリケーション
ゲーム

人工知能(AI)の分野でPythonが利用される事で注目を浴び、機械学習は深層学習(ディープラーニング)の領域ではメインの言語として利用されています。

 

Pythonでできないもの

OSの作成はC, C++でしかできません

 

Pythonでの開発に適さないもの

以下の開発は、Pythonはあまり向いていません。

スマホアプリ
ゲーム

AndroidではJavaやKotlin、iOSではObjective-CやSwiftがおすすめとされています。

また、ゲーム開発も可能ですが、本格的なゲームを作成するのであればUnityやC#がおすすめとなります。

 

Pythonで作られた有名どころ

プログラミングを学んだことがない方でも有名であるとわかる様なアプリやロボットがPythonで作られています。これは夢が持てますね。

YouTube
Instagram
Evernote
Pepper

 

Pythonの学習方法

2020年からプログラミングの授業が小学校では必須となり、今後プログラミングの知識がある事が普通になります。そうなった場合にどの様にライバルと差をつけるか、これから学ぼうとする20代、30代また40代の方がプログラマーの道に進みたいと思った時にどの様な学習方法をとるかで入社後の人生は大きく変わることでしょう。これは本当です。

もし本気でプログラマーを目指したいと思うのであれば状況に合った学習方法を選択していただきたいと思います。

 

オンラインアプリによる学習

自分がプログラミングに興味が持てるか、ゲーム感覚でまず基礎知識をある程度身につけたい、空いた時間を有効に使いたい場合は、無料(一部有料)で始められるオンライン学習があるので、まずは短期集中で試してみるのもありかと思います。

以下にお勧めを紹介します。

Progate

複数のプログラミング言語が用意されていて、わかりやすく解説されています。基礎知識、プログラミングのイメージをつけるのには十分かと思います。またアプリとしてもあるのでスマホで通勤時や空いた時間に気軽に学ぶことができます。

Paizaラーニング

こちらは自分もお世話になりました。

複数のプログラミング言語が用意されています。またフレームワークの使い方も学習できるのでWeb系の学習をしたい方にも向いています。

可愛い女子高生のキャラクターが講師となり音声による解説をしてくれるので、癒されながら学習ができます。

魅力的なゲームも複数用意されており、ゲームをしながら自分のプログラミングレベルを確認できます。

また、学習サービスだけではなく、就職、転職サービスを合わせて行えるところも魅力かと思います。

オンラインアプリでの学習で拾いきれない基礎知識はWebサイトを参考にするようになっています。このことからオンラインアプリでの学習はその言語の基本的な特徴と簡単なコーディングを身に着けるための学習方法と思ってよく、更に詳しく基礎も見につけるには参考書やWebサイトでの学習が必要になるということになります。

参考書またはサイト学習

こちらも金銭的な面での負担が少なく、いろいろな参考書やサイトが用意されているので自分のレベルに合った物を見つけて学習ができるのかと思います。

しかし、初心者の方にとっては初心者用の解説であっても難しく理解に苦しむかと思います。周りに聞ける人がいるような環境であり、時間に余裕がある場合は無料アプリと併用して学習するのも良いかと思います。

このサイトでもPythonなどの基礎を記事にして行きますので、機会がありましたら覗きに来て下さいねww

参考書やサイトでの学習はあくまで基本を身に着ける、困ったときに参考にするレベルの内容になります。実際に開発をと言った時には広い範囲で知識が必要になり、その必要な知識を自分でググるのは初心者の内は難しく時間だけが過ぎてしまうでしょう。。ここまで気持ちが盛り上がっているのであれば、ここからはスクールに通うのが一番最適な選択になるでしょう。

 

スクールに通う(オンラインスクール含む)

一番確実に短い期間で基礎から応用を学べるだけでなく、実際にチームで課題作成といった実装まで経験できます。まあそれだけ投資しているので得るものは大きいです。スクールによっては転職まで保証するコースが選べるスクールもあります。

まずは無料体験で自分に合うスクールを探してみましょう。近くにスクールがない方はオンラインスクールなどもあります。

スクールでは専門の講師や自分より先に入校された先輩方、同じ時期に入校したライバルといった環境下で学習できるので、本気で学びたい方にとっては最高の環境になります。

なにより、実際に開発をしながら学ぶことが出来ることが大きいですね。

ただプログラミング言語の書き方を学ぶ様なアプリや教材では、この後は何をすれば良いの?っといった状態で終わってしまい、戦力になるまでに時間がかかることでしょう。

スクールをでた貴方は、何をすれば良いのか理解でき少ないサポートで実務に入ることができます。もしかすると、入社後に先輩よりスキルを持った状態からスタートが出来るのです。これは本当です。最高ですね。

そして、フリーランスも夢ではありません

興味がある方、本気でプログラマーを目指したい方は、まずはスクールに無料体験から初めて、相談することをお勧めします。合わないと思えばそこで止めれば良いのです。自分に合ったスクールを探してみましょう。

人生を変えるための投資としては安い買い物だった思える日が意外と直ぐ来るでしょう。

ここでは「TECHACADEMY」の無料体験のリンクを載せておきますので本気で学びたいという方は一度相談し無料体験を受けてみることをお勧めします



TECHACADEMY」は自宅にいながらオンラインで完結して学べます。そして個別に現役のプロのパーソナルメンターがつき、質問もチャットですぐに回答が返ってきます。

この無料体験は1週間となり、有料と同じ機能を体験できます。チャット機能(ビデオチャットあり)やカリキュラムの確認、実際にプログラミングを体験してみましょう。利用するパソコンのスペックが足りているかもこの期間に確認しておくことが出来ます。

あなたの明るい未来を願います。

 

タイトルとURLをコピーしました